読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもの成績は遺伝なのか?

 ネット上には様々な意見があり、あるサイトでは『遺伝である』、別のサイトでは『環境によるものであり、遺伝ではない』とされています。やはり極端な意見が多いようですね。

 遺伝要因が0ではないでしょうし、環境要因も0ではないと私は考えています。全ての事象にメリットとデメリットがあるように、成績に関しても遺伝要因と環境要因が複雑に絡み合い、バランスを取っています。指紋がユニークであることから分かるように、持って生まれてくるものはユニークです。各々の持つユニークな才能を最大限引き出すために必要なものが教育であり、それに伴う環境だと考えています。

 環境の種類というのはとても大切で、選択肢が多ければ多いほど迷うかもしれませんが豊かです。イデアスポットを京都に設立した理由は、京都に教育の選択肢が少ないからです。

 

A 中学受験塾

B 高校受験塾

C 英会話教室

D サイエンス教室

 

 こういった一般的に教育機関と言われる場所は京都にもたくさんありますが、どこも似たり寄ったり。ここから派生した存在が京都に必要なのです。『◯◯な中学受験塾』『△△な高校受験塾』『□□な英会話教室』『☆☆なサイエンス教室』というような独自の色を出した教育機関が存在しない。難関校の合格実績だけの受験塾、ネイティブ講師が教えているだけの英会話教室、楽しさだけを求めたサイエンス教室、そのような教育機関が数を増やしたところで子ども達の選択肢(種類)を増やしていることにならないのです。

 

 地域や子ども達を豊かにするのは"教育の種類"です。

 環境はまだまだコントロールできる。遺伝はコントロールできますか?

 遺伝は過去、環境は未来。

 どちらに目を向けて教育を考えていきましょうか?

 イデアスポットは後者に目を向け、京都の子ども達に環境の選択肢を増やします。

 

 もし、今お子さんの成績が奮っていないと感じられているのであれば、具体的に改善が可能な学習環境を改善することを考えましょう。ご家庭でできることと、教育機関に任せるところのバランスを取りながら、身近な学習の専門家に相談し、今からできること・今しかできないことを具体的に検討していきましょう。

 

https://idea-spot.net/

f:id:J-takeyama:20170213145249j:plain