関西中学入試における『英語』②

前回よりもさらに細分化してまとめていきます。

合否の判定基準として、関西中学入試における『英語』という教科の立ち位置は2つあります。

 

①入試科目に英語を課す

②資格(英検など)を判定に加味・優遇する

  

f:id:J-takeyama:20161130163154j:plain

 

〜2018年度関西中学入試〜

【入試科目に英語を課す】

京都府(7校)

京都聖母学院、平安女学院、大谷、京都学園、京都文教、同志社国際、花園

大阪府(13校)

大阪薫英女学院、大阪信愛学院、梅花、プール学院、アサンプション国際、追手門学院追手門学院大手前賢明学院、香里ヌヴェール学院、常翔啓光学園、高槻、羽衣学園箕面自由学園

兵庫県(6校)

小林聖心女子学院、神戸国際、松蔭、親和、神戸龍谷夙川学院

奈良県(2校)

奈良育英西大和学園

 

【資格(英検など)を判定に加味・優遇する】

京都府(4校)

大谷、京都橘、京都文教、龍谷大学付属平安

大阪府(11校)

大谷、城南学園、相愛、プール学園、追手門学院追手門学院大手前大阪国際大和田、大阪青陵、常翔学園清風南海箕面自由学園

兵庫県(10校)

滝川、報徳学園、愛徳学園、神戸国際、松蔭、武庫川女子大学附属、百合学院神戸龍谷東洋大学附属姫路、雲雀丘学園

奈良県(1校)

奈良学園登美ケ丘

 

中学受験の勉強と同時並行で英語の勉強をすることは、首都圏では不可能に近いかもしれません。

しかし、3教科受験(算・国・理)が主流である関西では、英語が入り込む隙間があることは事実。

"英語を含めた中学受験"が関西で独自の発展をする可能性があります。

少なくとも、首都圏よりも英語に比重のかかった受験が実現する可能性は高い。

idea-spot.net

小学生が英語学習をする際に優先すべきこと

小学生が英語学習をする際に優先すべきことは一体何でしょうか?

英語を『書く』ことでしょうか?英語を『話す』ことでしょうか?

英語を『読む』ことでしょうか?英語を『聞く』ことでしょうか?

f:id:J-takeyama:20171129191549j:plain

 

「英語は書いて学習することが王道だ!」

「最終目標は話せることだから、スピーキングからやるのが正解だ!」

「英字新聞で学習することが近道だ!」

「耳から英語をずっと聞いていれば、英語はできるようになる!」

などなど、英語学習に関しては極論が交わされているように感じます。

どれもこれも押し付けがましい意見だと思いませんか?

 

子ども達は十人十色で、学び方もそれぞれです。

書くことが楽しいと感じる子もいれば、話すことが楽しいと感じる子もいる。

読むことが楽しいと感じる子もいれば、聞くことが楽しいと感じる子もいる。

f:id:J-takeyama:20171129193446j:plain

 

難しいテクニカルなことではなく、楽しんで学習しているかどうかが大切なのではないでしょうか。

五感の鋭さは人によって違います。

聴覚が鋭い子もいれば、視覚が鋭い子もいます。

口が達者な子もいれば、引っ込み思案な子もいます。

全員を一括りにして「これが英語指導の正解だ!」なんて正しいはずがありません。

好きこそ物の上手なれ

学習において、このこと以上に優先されることはないのではないでしょうか。

f:id:J-takeyama:20171129193401j:plain

 

※写真は全てオンライン英会話システム『オレコ(OLECO)』の生徒画面です。

 赤ペンが先生、青ペンが生徒。

 画面から楽しんで学んでいることが分かります!

 

idea-spot.net

学習内容だけではなく、学ぶ環境もデザインする

小学校低学年時と高学年時では、保護者の皆様が見たい"我が子の姿"が違うのではないかと感じています。

同時に、子ども達が保護者の皆様に見せたい"自分の姿"も違うと感じています。

 

低学年時:無邪気にチャレンジする姿を見たい、見せたい!

→子ども達が親御さんに、やっていることをすぐに見せられる環境を作る

→親御さんが子ども達がやっていることを気軽に見れる環境を作る

⇒おしゃれで開放的な空間

f:id:J-takeyama:20170505104514j:plain

高学年時:できるところを見たい、見せたい!

→子ども達の学びのスタイルを把握し、科学的に導く(点数を上げる)

→子ども達をご家庭と協力して大人扱いすることで、精神的な成長を促す

⇒非日常的な『大人の雰囲気』を味わえる秘密の教室

f:id:J-takeyama:20170930002401j:plain

 

学齢に応じた学ぶ環境をデザインできれば、帰納的な学習と演繹的な学習を無理なく自然にリンクさせることが可能です。

低学年指導と高学年指導(受験指導)は、細部に拘り、緻密に計算して初めて連動させることができます。

 

イデアスポット(idea spot)京都校では、

学ぶ内容や学齢ごとに環境をコーディネートしております。

日本初のカフェ併設学習塾というスタイルは、学ぶ環境をデザインする上で必要だからこそ生まれました。

 

IQKEYロボット教室『ロボキッズ』は1F小上がりスペース

idea-spot.net

 

会員制難関受験専門塾『エリオ(elio)』は2F教室

idea-spot.net

 

オンライン英会話教室『オレコ(OLECO)』は1Fオンラインルーム

idea-spot.net

『習い事』が『学習塾』に内包される時代

進学する学校選択の際に、気にする点が大学進学実績以外(「英語教育」「キャリア教育」「ICT教育」「21世紀型教育」などなど)に広がったことや、選抜方法の多様化が理由と考えられますが、『習い事』が『学習塾』に内包される時代となりました。

 

その中でも特に、

「英語教育」→英会話教室

f:id:J-takeyama:20171112215548p:plain

「ICT教育」→ロボット教室

f:id:J-takeyama:20171112215719j:plain

 

この2つの『習い事』が『学習塾』と相性が良いのは間違いありません。

「成績を上げる」というミッションは手放せない『学習塾』が英会話教室とロボット教室を内包できる理由は、"成績向上"や"志望校合格"に繋げられることです。

※プログラミングは時期尚早。いずれ教科と密接な講座が提供されるときが来るでしょうが、今現在存在するプログラミング教室が教科要素に影響を与えることはありません。

 

『習い事』と『学習塾』は効果を最大化できる環境が違う

という課題を一つの空間で解決しなければ、思うような効果が発揮されません。

オープンな環境で行われるべきか、クローズドな環境で行われるべきか。

保護者の方や一般の方からどのくらい見えるようにすべきか。

学齢によっても、地域によっても違うと思います。

 

『習い事』と『学習塾』のハイブリッド

これがイデアスポット(idea spot)が京都の地で出した答えです。

https://idea-spot.net/

2018年度 京都中学入試最新情報

2018年度の京都中学入試情報をまとめました。

選抜方法が多様化しています。お子様に適した形で中学受験に臨めるとよいですね。

f:id:J-takeyama:20171004192517j:plain

 

①教科選択入試

京都の受験において、4科必須の中学校がなくなりました。

もちろん4科受験は残っておりますが、2科・3科での受験が全ての学校で可能となったということです。

英語単科受験を行う学校も存在します。(京都聖母学院)

 

②自己推薦型入試【12校】

京都光華・京都聖母学院・同志社女子・ノートルダム女学院平安女学院・大谷・京都橘・京都文教・花園・立命館立命館宇治龍谷大学付属平安

 

③適性検査型入試【6校】

※公立中高一貫校と同タイプの入試問題になります。

京都光華・大谷・京都学園・京都橘・花園・龍谷大学付属平安

 

④思考力型入試【0校】

現在京都で実施をしている学校はありませんが、今後新しいスタイルの入試として増えてきそうです。

 

⑤インターネット出願実施校【13校】

東山・洛星京都光華同志社女子・ノートルダム女学院平安女学院・大谷・京都学園京都産業大学附属・京都橘・立命館立命館宇治・花園

 

多様な選抜方法は多様な受験生を生みます。

そして、中学・高校内での多様性に繋がります。

加えて、一気に京都の中で広がりを見せたインターネット出願。

中学受験において、今まで以上に戦略的な対策・併願が必要となってくるということです。

 

イデアスポット京都校代表 竹山隼矢

https://idea-spot.net/

関西中学入試における『英語』①

2018年度中学入試において、英語能力を合否の審査基準に加えている学校は関西でのべ58校。この数字ははたして多いのか、それとも少ないのか。

3年前まで6校しかなかったことを考えるといかがでしょうか?

急速な時代の変化です。

f:id:J-takeyama:20171003222759j:plain

 

 

【2018年度から新たに英語活用入試を導入する学校】

※入試科目に英語を課す学校・英語資格試験を判定に加味する学校を混合して列挙します。

《大阪》10校

梅花・追手門学院・香里ヌヴェール学院・常翔啓光学園・高槻・箕面自由学園城南学園・相愛・大阪国際大和田清風南海

《兵庫》7校

小林聖心女子学院・松蔭・親和・夙川学院報徳学園・愛徳学園・東洋大学附属姫路

《京都》3校

京都文教・大谷・龍谷大学付属平安

 

特に、大阪の高槻中学校や清風南海中学校のような難関校で英語選択型受験が行われることが、今後の関西での英語活用入試の流れを加速させるでしょう。

 

首都圏でも関西でも、公立中高一貫校が生まれたときと同じ流れが起きようとしています。今まで中学受験を考えていなかったご家庭が、中学受験を考えるきっかけとなりそうです。

 

小学校低学年時に海外から帰国した帰国子女達

今までの制度ですと、彼ら彼女らは帰国枠を使った中学受験もできませんので、中学受験をする場合は一般受験をする他ありませんでした。

しかし、英語という強力な得意分野を活かせるステージが準備され、その間口は年々広がっているのです。

 

幼少期から英語をしっかりと勉強している子ども達

今までは中学校に入ってから輝いていた子ども達かもしれません。小学校での英語教科化もあり、スポットライトがあたるのが早まりました。

一つの選択肢として、中学受験はありかもしれません。

 

今回このような情報を書いた理由は、知らないことで選択肢を減らしてほしくないからです。(イデアスポットに通う塾生だけではなく、全ての子ども達に、全てのご家庭に)

教育の情報は良い意味でも悪い意味でも多く溢れています。

その中でご家庭に必要な情報を的確に選択して伝えてくれる存在(講師)を見つける、という観点で塾選びをされるのもよいかもしれません。

全く知らなかった世界が目の前に広がるかもしれません。

『難関校合格』だけを追っていると見えない世界が中学入試にはあります。

 

イデアスポット京都校代表 竹山隼矢

https://idea-spot.net/

低学年指導で大切なこと③

今回は《授業編》です。

f:id:J-takeyama:20170505104514j:plain

 

低学年の子ども達に対する授業は、自分でよじ上っていけるように環境をコーディネートし、下から支えるイメージです。これから様々なことを学ぶための礎を作る時期ですから、効率度外視で共に歩む覚悟が必要です。

 

①子ども達が何度間違え(失敗)ても、正解(成功)するまで辛抱して待つ。

→正解したことではなく、頑張った行為・態度自体を褒める。

 

②失敗することが大切なことであり、恥ずかしいことではないことを今後の学びの前提とするために、一緒に失敗を笑える空間を演出すること。

→教室のような閉ざされた空間ではなく、見通しの良いオープンな空間が演出には適切。(家だとリビングが適切ですね。)

 

③「教える」「教えられる」という関係にならない。

→生来備わっている『発見する力』を最大限発揮させるためには、教えるという行為は邪魔になる。

 

上記の内容をご家庭でも理解して実践して頂くことで、子ども達の学び方は大きく変化します。

 

次回は《ご家庭への連絡編》です。

https://idea-spot.net/