オンライン英会話OLECO(オレコ)の画面設計

システムや教材を扱う『人間』

システムや教材を運用する『環境』

システムや教材に込められた『性能』『心』

 

全ての要素が噛み合って初めて、教育的な効果が発揮されます。

 

最近改めて重要だと感じているのは、教材に込められた『心』の部分です。

 

「子ども達が使ったときに、こんな表情をするんだろうなぁ。」

「ここは間違えるポイントになっているから、理解しやすいように写真を配置しよう。」

「受講中の子ども達の精神を安定させるために、こんなボタンがあるとよいのではないか?」

 

といった具合に教育のプロフェッショナルが真剣に考え、構築したシステム教材はやはり違います。

教育現場を知る教育者であれば、気付くところ・直感的に感じ取るところが多々あるはずです。

 

イデアスポット京都校で扱っているオンライン英会話システムOLECO(オレコ)の画面設計をまとめてみました。

この拘り方は普通ではありません!

f:id:J-takeyama:20170526201813p:plain

※写真では文字が見難いと思いますので、こちらに記述します。

 

-POINT1-

英語ネイティブ講師とマンツーマン。

でも、顔を見ることが全てではいけません

従来型のオンライン英会話では、講師の顔が大きく表示される形式のものが多くありました。しかし、特に子どもの学習の場合は、視線が画面と手元のテキストを行ったり来たりしては集中できません。講師の存在を感じながらも、同じ画面でテキストが見られることが重要です。

 

-POINT2-

言語を直感的に認識できることにこだわりました。

新しい言語を習得するという観点に立ったとき、耳から聞こえる言葉が、いかに直感的にリアルな意味を持てるかは、極めて重要なことです。学習指導要領に対応したテキスト画面には、豊富な挿絵を採用。少しでも学習者が英語の世界観の中で言語を理解できるように配慮しています。

 

-POINT3-

「わからないときにはどうしよう」という不安を解消。
だから、誰でも学習に集中できます

リアルな形での英語学習であればあるほど、「もし相手の言っていることが理解できなかったらどうしよう?」という不安が学習の気持ちを妨げます。OLECOでは、わからなかったときに「わからない」ということを先生に伝えるボタンを設置。いざというときもパニックにならないので、安心して学習できます。

 

OLECO(オレコ)に興味のある方は、法人・個人問わずいつでもご連絡下さい。

 

イデアスポット京都校

代表 竹山隼矢

https://idea-spot.net/

TEL:075-231-7711

EMAIL:info@idea-spot.net

選抜方法の多様化【中学受験】

大学入試に様々な合格方法があることは皆様ご存知の通り。

しかし、中学受験の選抜方法も連動して多様化していることはご存知でしょうか?

 

従来通りの4教科・3教科・2教科での筆記選抜だけではありません。

・入試科目に英語を課す

・英検等の資格を判定に加味する

・適性検査型(公立中高一貫校タイプ)

・自己推薦型

などなど。

 

小学校での英語活動必修化・教科化に伴い、中学受験においても英語は無視できない教科となることは間違いありません。

2017年度の英語入試を見る限りでは、「算・国」に加えて「英語」を選択させる形式の選抜方法での志願者数は決して多くありません。

中学受験の「算・国」に加えて「英語」が受験生にとっては負担であることが理由であると考えられます。

しかし、「英語」のみ入試がスタンダードになることは、一般的な学力担保の観点から考えづらいかもしれません。

 

従来の中学受験勉強(4教科)に加えて、英語4技能を学習する時代がいよいよ本格的にやってきます。

学習塾が提供する"本物の英語学習"に触れてみたい方はこちら!

f:id:J-takeyama:20170411153740j:plain

イデアスポット京都校

WEB:https://idea-spot.net/

 TEL:075-231-7711

住所:京都府京都市上京区河原町通今出川上る青龍町252番地

最寄駅:京阪 出町柳駅 ・バス 河原町今出川駅

大盛況!GWロボキッズ体験教室

ゴールデンウィークに企画したロボット教室体験会>

連日満席で大盛況です!

f:id:J-takeyama:20170505104514j:plain

 

すでに他のロボット教室を体験したことがある子、今回がロボット教室初体験の子、様々でしたが、見学していた保護者の皆様にも驚いて頂けたと思います。

イデアスポットのロボキッズほど『中学受験』を意識して組み立てられたプログラムはありません。中学受験勉強の中で培われる特殊な思考回路を獲得できるよう、様々な工夫が授業前・授業中・授業後に仕掛けられています。

もちろん、中学受験のスキル部分は小学4年生以降本格的に培われるものです。

低学年の時期にやるべきことは、一生の学びを支える『学びの原点』を築くことです!

『学びの原点』を低学年時に築くことで、高学年時の学びを効率的に効果的に吸収することができますよ。

 

「中学受験のために、低学年時には一体何をすればよいのか…」

といった漠然とした不安をお持ちの保護者の皆様、ぜひお話だけでも聞きに来て下さい。

 

「附属の小学校(幼稚園)に通っているけれど、中学受験をして入ってきた子との学力差が心配…」

という不安をお持ちの保護者の皆様、気軽に声をかけに来て下さい。

将来から逆算して、内容やタイミングを一緒に考えましょう。

 

※5月以降も通常授業内で授業体験をして頂けます。

 

WEB:https://idea-spot.net/

TEL:075-231-7711

住所:京都府京都市上京区河原町今出川上る青龍町252番地

最寄駅:バス/河原町今出川(徒歩1分) 京阪/出町柳(徒歩5分)

 

イデアスポット京都校

竹山隼矢

GWは"新しいこと"にチャレンジしよう!!

特に小中学生にとっては、5月がスタートの時期と言っても過言ではありません。

※4月は新たな環境に順応するための期間です。

落ち着いて"新しいこと"にチャレンジするには最高のタイミングではないでしょうか?

イデアスポット京都校では、2つの特別無料体験教室をご準備しております。

これを機に、我が子の新たな一面を引き出してみませんか?

https://idea-spot.net/

 

①【IQKEYロボット教室『ロボキッズ』】

対象:年長〜小学3年生

f:id:J-takeyama:20170411153619j:plain

 

②【オンライン英会話教室『OLECO』】

対象:小中学生

f:id:J-takeyama:20170411153740j:plain

英語学習において、書く練習は必要か?不要か?

英語4技能(聞く・話す・読む・書く)はそれぞれ密接に関わっており、どれか一つだけをやっていればよいというわけではありません。

書く練習は必要不可欠です。

大切なのは、それぞれの技能を繋ぎ合わせるタイミング!

 

英語を習得していく中で、書く練習を始めるベストなタイミングはどこなのか?

 

単語の綴りを見たときに、大体の発音をイメージできるようになったタイミングで書く練習を始めましょう。何も知らない状態から、機械的に単語を書く練習をしても頭に残りづらいですし、非効率的です。

従来の英語の学び方では、同じことを繰り返す苦しさを英語の苦しさと感じてしまい、英語から距離をとってしまうことが多々ありました。

(テストで点数を取ることが目的となってしまうことも相まって、英語習得後の広い世界をイメージできないことも原因かもしれません。)

 

時代は変わり、英語習得の方法やツールが増えました。

中には「聞くだけで身につく」など、疑問符のつくような方法も提案されるようになっています。

まさに玉石混交。

正しい方法の中で、お子様に合う方法を見つけることが大切です。

 

イデアスポット京都校では、オンライン英会話システム『OLECO』で英語の入口をスピーキングにしています。英語はコミュニケーションのツールにすぎず、テストの点数を取ることが目的ではありません。入口と出口を揃えることで、英語を直感的に手段として捉えることができると考えております。

OLECO - 講座紹介 - イデアスポット (idea spot)

※写真は全く0の状態からOLECOで英語学習をスタートし、4ヶ月。書く練習をまだ本格的に始めていない生徒の答案です。スピーキングから派生させる英語習得、自信を持ってオススメできます。

f:id:J-takeyama:20170328154021j:plain

中学入試保護者勉強会を実施しました

イデアスポット京都校では、ロボキッズ・OLECOの受講生保護者様に様々な教育情報を提供しております。

今回は3/13(月)・3/14(火)・3/20(月)の三日間、2017年中学入試の概況を伝えるとともに、倍率などの数値の読み方を保護者の皆様と共有しました。

(今回は一般の方々も参加できるようにして、少しオープンに勉強会を実施)

 

京都の特殊な事情、首都圏との比較、近年の傾向、注意すべき学年、最難関校の出題方法の違い、などなどご参考になりましたでしょうか?

お子様の性格に合った学校選びをするためには、偏差値とにらめっこしていても前に進みません。時代を先読みした上での将来のビジョンから逆算していくことがとても大切。今後もご期待下さい。

イデアスポット京都校

https://idea-spot.net/

f:id:J-takeyama:20170320130922j:plain

子どもの成績は遺伝なのか?

 ネット上には様々な意見があり、あるサイトでは『遺伝である』、別のサイトでは『環境によるものであり、遺伝ではない』とされています。やはり極端な意見が多いようですね。

 遺伝要因が0ではないでしょうし、環境要因も0ではないと私は考えています。全ての事象にメリットとデメリットがあるように、成績に関しても遺伝要因と環境要因が複雑に絡み合い、バランスを取っています。指紋がユニークであることから分かるように、持って生まれてくるものはユニークです。各々の持つユニークな才能を最大限引き出すために必要なものが教育であり、それに伴う環境だと考えています。

 環境の種類というのはとても大切で、選択肢が多ければ多いほど迷うかもしれませんが豊かです。イデアスポットを京都に設立した理由は、京都に教育の選択肢が少ないからです。

 

A 中学受験塾

B 高校受験塾

C 英会話教室

D サイエンス教室

 

 こういった一般的に教育機関と言われる場所は京都にもたくさんありますが、どこも似たり寄ったり。ここから派生した存在が京都に必要なのです。『◯◯な中学受験塾』『△△な高校受験塾』『□□な英会話教室』『☆☆なサイエンス教室』というような独自の色を出した教育機関が存在しない。難関校の合格実績だけの受験塾、ネイティブ講師が教えているだけの英会話教室、楽しさだけを求めたサイエンス教室、そのような教育機関が数を増やしたところで子ども達の選択肢(種類)を増やしていることにならないのです。

 

 地域や子ども達を豊かにするのは"教育の種類"です。

 環境はまだまだコントロールできる。遺伝はコントロールできますか?

 遺伝は過去、環境は未来。

 どちらに目を向けて教育を考えていきましょうか?

 イデアスポットは後者に目を向け、京都の子ども達に環境の選択肢を増やします。

 

 もし、今お子さんの成績が奮っていないと感じられているのであれば、具体的に改善が可能な学習環境を改善することを考えましょう。ご家庭でできることと、教育機関に任せるところのバランスを取りながら、身近な学習の専門家に相談し、今からできること・今しかできないことを具体的に検討していきましょう。

 

https://idea-spot.net/

f:id:J-takeyama:20170213145249j:plain